4週間で結果を出す!!喘息の根本的克服法

アトピー・アレルギー・喘息のサイト 

医学博士も推薦するアトピー克服法|アトピー地獄からの脱出!

治療と日常生活の工夫でアレルギーは自分で治せる!今日からあなたもアレルギー完治の道を歩みましょう

サイトマップ

【花粉症】専門医による減感作療法を受けて花粉症を3年で根治しよう


スポンサーリンク


アレルギー疾患の治療には、症状を抑えるコントロール療法と、アレルギー体質そのものを改善しようとする根治療法があります。

もちろん漢方を除いた方法です。花粉症も同じで、症状を軽くするために抗アレルギー薬を使ってコントロールし、花粉シーズンを乗り切っていきます。

しかし、これでは毎年同じ時期に、同じ悩みを繰り返してしまいます。

花粉に対してアレルギーそのものをなくしてしまう根治療法として、最も確実なのが減感作療法です。

この治療では、抵抗力をつけるために、その患者さんの原因物質の成分を定期的に皮下注射します。

スギ花粉が原因の場合は、その花粉のタンパク質から作られた注射液を使用します。

徐々に抵抗力をつけていくのですが、症状が改善し、アレルギー反応が起こりにくい体質になるために液の濃度を少しずつ上げていきます。

最初は週1回の注射ですが、10回繰り返したくらいから効果が出てきます。


スポンサーリンク


この効果が失われてしまったら意味がありませんから、その後も月1回の追加注射を継続していきます。

長期間かかりますが、根気よく続けることでアレルギー体質の改善に近づくことができます。

花粉症のほかにアトピー喘息でもこの治療は行われていますが、効果には差があります。

アトピーの場合は、皮膚のバリアが壊れてしまっていますし、アレルギー以外の原因もあるので、花粉症やぜんそくに比べあまり効果がありません。

その点、花粉症は最も効果が期待できます。

根気よく治療を続けた人の6割〜7割が、通院や薬を使用しなくて済むようになったり、症状が大きく改善します。

非常に効果的な治療法である一方、時間がかかってしまうというデメリットがあります。

時間に余裕のない人や、根気のない人には難しい治療になるでしょう。

それに、この治療法では徐々に注射液の濃度を上げていくわけですが、患者さんの状況を見極めて調節しなければなりません。

ですから、知識と豊富な経験が必要となるのです。

つまり、現状では本格的な減感作療法を行える専門医が少ないのです。

アレルギー専門家はこの治療法を行えますから、熱心に勉強している専門医であると判断して間違いないと思います。

◆〜アトピー克服計画〜◆ 【ステップ ケア】
アレルギー疾患を克服するためには生活習慣の見直しから
アレルギーになる人とならない人の違い
感じ易いという自分のアレルギー体質をプラス思考で
年齢で姿が変わるアレルギー症状
アトピー喘息花粉症は同じアレルギーの症状
アトピー喘息花粉症はアレルゲンも共通
精度の高い血液検査を受けましょう
アトピー喘息花粉症は基本的に同じ
コントロール療法とは
減感作療法とは
漢方を併用
薬を熟知した医師のもとではステロイドも心強い切り札
ストレスでアレルギー症状が悪化する
ストレスを緩和する簡単リラクゼーション法
長い付き合いのできる医師を選ぶ
【アトピー】アトピーの症状はかぶれとじんましんの合併
【アトピー】アレルゲンになる可能性はどんな食べ物にもある
【アトピー】アレルギーの原因食品は緩やかに除去
【アトピー】子供をアレルギーから守るため離乳食はできるだけ遅く
【アトピー】卵と牛乳という二大アレルゲンとはうまく付き合っていく
【アトピー】甘い食べ物、辛い食べ物もアトピーの大敵
【アトピー】不足しがちなタンパク質は背の青い魚から摂る
【アトピー】健康に良いといわれる植物油も発症原因になる
【アトピー】日本型の食生活を見直しましょう
【アトピー】意識して食生活を工夫
【アトピー】胃腸を丈夫にすることを心がけて
【アトピー】食前に服用する薬で食物アレルギーを予防
【アトピー】アレルゲンではなくても痒くなる食べ物もある
【アトピー】痒くなくても掻くことになるのでストレスの少ない生活を心がける
【アトピー】痒みの原因ヒスタミンの作用を薬とスキンケアで抑える
【アトピー】痒みをすぐに止めたいときは患部を冷やす
【アトピー】睡眠中に掻いてしまうときは爪を隠す工夫をして寝よう
【アトピー】アトピー肌の大敵汗をかいたらすぐシャワー
【アトピー】日焼け止めクロームを利用してアトピー肌をいたわる
【アトピー】プールよりも海水浴
【アトピー】冬場の暖房・厚着は控えめに乾燥から肌を守る
【アトピー】アトピー肌に欠かせない毎日の入浴
【アトピー】肌に刺激を与える石鹸を使わなくても汚れは落ちる
【アトピー】シャンプーは自分の肌に合った低刺激のものを
【アトピー】保湿剤や入浴剤を上手に使って人工的に皮膚のバリアをつくる
【アトピー】温泉療法は逆効果の場合もあるので専門医に相談してから
【アトピー】超酸化水の消毒・殺菌効果で重症のとびひを改善
【アトピー】安全で効果的なお化粧を実践
【アトピー】衣類は肌にやさしいものを選ぶ
【アトピー】洗剤はいろいろ試すよりすすぎにたっぷり時間をかける
【アトピー】成人のアトピーは様々な原因が積み重なって起こる
【アトピー】病院で処方してもらえるアトピーに効く漢方薬
【アトピー】皮膚科・小児科・アレルギー科のアトピー治療方針の違い
【喘息】喘息治療の第一歩は発作を起こさないこと
【喘息】喘息を悪化させてしまう原因物質を遠ざける
【喘息】喘息が起こりやすい時刻・季節。天候を意識する
【喘息】思いがけず発作の引き金になるささいなこと
【喘息】突然起こった喘息の発作への対処は3つの段階から判断
【喘息】喘息の発作が起こっても落ち着いて対処を
【喘息】シール型の気管支拡張薬
【喘息】ダニが好んで住みつくものは積極的に排除
【喘息】ペットを飼う場合はアレルゲンの可能性があることを理解する
【喘息】ダニより怖いカビの対策には湿度に気を配る
【喘息】ダニ・カビ・ホコリを寄せ付けない効果絶大の掃除法
【喘息】アレルギーの人に優しい冷暖房の上手な利用法
【喘息】住宅に使わた化学物質の害を防ぐために換気
【喘息】成人型に移行する前の思春期にこそ喘息治療には真剣に取り組む
【喘息】進学・就職・転居をしても自覚をもって喘息治療は継続する
【喘息】妊娠・出産に際しても喘息を意識してのぞむ
【喘息】女性が更年期を迎えたら喘息の発作・悪化に注意
【喘息】喘息発作の危険性がある解熱鎮痛剤は使用しない
【喘息】高齢者の喘息では肺炎を併発しないよう注意
【喘息】喘息予防薬の種類をしっかり覚える
【喘息】喘息発作止め薬の種類をしっかり覚える
【喘息】病院で処方してもらえる喘息に効く漢方薬
【花粉症】花粉症を風邪と混同しない
【花粉症】花粉以外にもダニやホコリで発症することも
【花粉症】花粉症を引き起こす植物とその開花時期
【花粉症】花粉から身を守る工夫
【花粉症】身近な花粉は意識して除去・防御する
【花粉症】赤ちゃんのときから花粉のシーズンはしっかり保護
【花粉症】花粉飛散開始予定日の2週間前には病院へ行って予防薬をもらう
【花粉症】花粉症用の薬について理解しておく
【花粉症】薬を使いたくない人はいろいろな工夫をして症状に対処する
【花粉症】くしゃみや咳は背筋を伸ばしたよい姿勢で出す
【花粉症】妊娠は花粉の時期や治療法を考慮して計画をたてる
【花粉症】専門医による減感作療法を受けて花粉症を3年で根治しよう
【花粉症】受診する病院を選ぶ
【花粉症】病院で処方してもらえる花粉症に効く漢方薬
アトピーを90日で克服する方法〜7つの秘訣〜
リンク集
副鼻腔炎・蓄膿症・花粉症・アレルギー性鼻炎・鼻水・鼻づまりを自宅でたった3分で解消する方法
アレルギー性鼻炎 を自宅で改善する【アレルギー性鼻炎改善プログラム】
バイバイ喘息発作!気道を守る喘息発作予防術


いびき対策、防止に。1ヶ月で、いびきをかかない体質にする4ステップ
フラット35 ローン



アトピー・アレルギー・喘息のサイト All copyrights 2011 by 小田篤史
Google

当サイトは情報のみを提供するサイトです。当サイトの情報を基にしたことによる損失について、サイト管理者は一切関知致しません。